タクシー配車アプリ「DiDi」の使い方とクーポンGET方法を解説!

タクシー配車アプリDiDiの使い方解説(タイトル)
2019年4月より、タクシー配車アプリの「DiDi」が東京にて本格的にサービス開始しました。

DiDiの使い方はとても簡単なので、「タクシー配車アプリなんて使ったことない」という方でも本記事では画像付きで丁寧に解説しておりますので完璧にマスターすることができます。

「DiDiってどんなサービスなの?」「DiDiの使い方は?」そんな疑問にお答えしていきます!最後に1,000円分の無料クーポンのGET方法もお伝えします!

タクシー配車アプリ「DiDi」とは?

DiDiアプリのロゴ

DiDiとは、ソフトバンクと中国大手ライドシェア企業の滴滴出行(DiDi Chuxing)によって設立されたDiDiモビリティジャパン株式会社が展開するタクシー配車アプリです。

タクシー配車アプリを活用すると、タクシーを利用する際の「呼ぶ・乗る・降りる」という一連の流れをスマホひとつで完結させることができます。

ユーザーはアプリから目的地と乗車位置を指定します。すると、近隣のドライバーに通知が飛び、マッチングされるとタクシーが乗車位置まで迎車にきてくれます。(具体的な手順は後述)

また、2019年8月8日より予約配車機能がリリースされました。最短30分後から2日後までのタクシー配車を予約可能です。(東京限定でスタート、順次拡大予定)

乗車料金、各タクシー会社が設定した迎車料金以外に、アプリ利用料などは一切発生しません。

DiDiは当初大阪のみで試験トライアル中でしたが、2019年4月より東京にて本格的にサービス開始されました。

その他サービス利用可能エリアは、北海道・千葉県・大阪府・京都府・兵庫県・福岡県・広島県、青森県、愛知県の主要都市となります。(2019年7月時点)詳細はDiDiアプリの「お問い合わせ」よりご確認ください。
PayPayロゴ

DiDiはソフトバンクのサービスということもあり、2019年5月末より乗車料金の支払いにPayPayを利用することができるようになりました。PayPayの還元キャンペーン中であればおトクにタクシーを利用することができますね!

DiDiの使い方 事前準備編|まずはDiDiアプリの事前設定をしよう!【1分で完了】

▼DiDiアプリをダウンロードする

DiDi(ディディ)-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ
DiDi(ディディ)-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ
開発元:DiDi
無料
posted withアプリーチ

▼DiDiアプリを起動し「今すぐ許可する」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

位置情報やプッシュ通知はどちらも「許可」しておきましょう。

位置情報を許可しておくと現在地を乗車場所にする際に便利ですし、現在地周辺のタクシー走行状況を確認することができます。
また、プッシュ通知は、タクシー到着などの重要通知を受け取るためにも許可しておきましょう。

▼位置情報の「許可」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼プッシュ通知「許可」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼携帯電話番号を入力し「次へ」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼パスワードを入力して「確認」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼アカウント情報(氏名、メールアドレス)を入力して「次へ」をタップ(省略する場合は右上の「スキップする」をタップ)

領収書のメール送付サービス(詳細は後述)があるので、必要な方はメールアドレスを登録しておきましょう。

DiDiアプリの事前設定画面

以上でアプリ自体の利用は可能になりました。かんたんですね!

最後に支払方法の設定をしましょう!
事前に支払方法(クレジットカード)を設定をしておくことでアプリ決済が可能となり車内での支払いが不要となるのでオススメです!

▼左上のマークをタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼「お支払い方法」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼「お支払い方法を追加」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面

▼カード情報を入力し「カードを追加」をタップ

DiDiアプリの事前設定画面
カメラでスキャンできるので楽チンです!

以上で事前準備は完了です!次はいよいよ乗車編です!

DiDiの使い方 乗車編|東京で使ってみたら想像以上に便利だった!

今回は所用で訪問した秋葉原から有楽町までタクシーで移動してみたいと思います!

▼目的地を指定します

DiDiアプリの使い方(目的地設定)
DiDiアプリの使い方(目的地設定)

▼支払方法を確認し「確認して次へ」をタップ

DiDiアプリの使い方(支払い方法確認)

▼乗車地点をピンで指定し「注文する」をタップ

DiDiアプリの使い方(乗車地点設定)

▼ドライバーを検索します(マッチングされるまで待ち)

DiDiアプリの使い方(ドライバー検索画面)

今回は都心の秋葉原といこともあり検索開始から5秒でマッチング完了しました!ですが、23区内であっても端の地域で試した際は1分以上経過してもマッチングしませんでした。まだサービス開始したばかりなので仕方ない部分もありますが、今後のサービス改善に期待です。

また、マッチング完了から1分経過後のキャンセルの場合、キャンセル料が発生しますので注意が必要です。(1分以内のキャンセルの場合なし)キャンセル料については後ほど詳しく解説します。

▼マッチング完了!(到着まで待ち)

DiDiアプリの使い方(ドライバー情報画面)

マッチング完了するとドライバーの氏名・ナンバー・車種や、目的地までの距離・到着までの残り時間がリアルタイムで表示されます。

万が一乗車地点までの到着が遅れそうな場合などは、電話やチャットでドライバーと直接やりとりすることが可能です!なお、電話番号はドライバーに開示されないので安心して利用することができます。

DiDiアプリの使い方(チャット)
今回はチャットを利用してみました。
右下のチャットアイコンをタップ。
DiDiアプリの使い方(チャット)

急いでいるときは文章入力自体大変ですが、定型文からワンタップで送信することもできるのでスムーズなやりとりが可能です。

そしてついにタクシー到着!!!

注文したラクシー

都心は走行中のタクシーが多く、自分が予約したタクシーを見つけるのが大変だと思いませんか?(特に昼間だと"予約"や"迎車"の文字も見づらい・・・)

ご安心ください!事前にアプリ上で車種・ナンバー・タクシーの位置を確認できていたのでまったく迷うことなく見つけることができます!ドライバーより氏名確認をされ、いざ乗車です!

乗車するとアプリの表示は目的地までの距離・残り時間に変わり、移動するとリアルタイムで更新されていきます。旅行先や出張先などの慣れない土地でも到着目安時間がわかるため、待ち合わせの際にとても便利です!

DiDiアプリの使い方(乗車後のアプリ画面)

サービス開始したばかりのためか、現時点ではDiDi利用者のほとんどが中国人観光客かソフトバンク関係者だそうです。最近は一般のお客さまも増加しているようです!(2019年8月時点情報)

ちょっと一息
私は通算10回以上DiDiを利用しておりますが、結構な頻度でドライバーよりDiDiを使ってみた感想を聞かれます。

そんなとき私は「ドライバーさん的にはどうですか?」と逆質問するのですが、「効率的に走行できるからすごくいいですねえ!」と新たなサービスに興奮気味の様子でした。
そんな感じでドライバーの方とDiDiトークをしながら揺られること約15分、目的地の有楽町に到着しましたので最後に支払いです。

DiDi専用タブレットを操作するドライバー

ドライバーはDiDiより配布されているタブレットに金額を入力して領収書を発行しております。

ここでみなさまに質問です。
タクシーの支払いってめんどくさくないですか?

  • 1万円札しかない(お釣りがなかったら最悪)
  • クレカ払いだとサインが必要…
  • スキャンしてもなぜかエラーになる…
  • 急いでいるのに時間がかかる…

誰しも一度は経験があるのではないでしょうか?

ですが、事前にアプリ決済の設定を済ませていれば車内決済は不要です!スムーズに降車することができました!体験してみるとわかりますが、結構感動します(笑)

使い方の解説は以上です!事前設定も含めてとにかく使い方がかんたんでしたね!

操作方法が煩雑だと、それだけで使う気は失せますがDiDiでそのような事態に陥ることはないでしょう。同乗していた機械オンチの相棒でさえも「かんたんで便利だね!」と言ってました。


また、キャンペーン中につき通常発生する迎車料金(300円程度)が無料で利用できました!(このあとすぐ解説)

東京限定!現在実施中のキャンペーン!当面は迎車料金無料!(ただし乗車時間に制限あり)

迎車料金無料キャンペーン
(出典)DiDi公式ページより

東京でのサービス開始を記念した迎車料金無料キャンペーンが現在開催されております。(しかも終了日未定!)

通常DiDiでタクシー配車をすると各タクシー会社が指定する迎車料金が発生しますが、キャンペーン期間中は迎車料金無料で利用することが可能です。

キャンペーン適用条件に「アプリ決済」がありますので先ほど説明したクレジットカード登録を必ず実施しておきましょう。

なお、利用可能地域は、23区・三鷹市・武蔵野市・成田空港となります。


(追記)
2019年10月18日より、19:00から翌日3:59の間に乗車した分のみ迎車料金が無料になります。こちらの時間以外に乗車すると迎車料金が発生しますので注意しましょう。

領収書はもらえる?はい、もらえます!

もらえます!

DiDi公式のよくある問い合わせには、「アプリ決済の場合はドライバーからの領収書はお渡ししません」と記載があります。ですが、「領収書もらえますか?」とドライバーにお願いしたところ問題なくもらうことができました!

公式でこのような表記になっている理由は不明ですが、これまで10回以上利用してアプリ決済を理由に領収書を断られたことはありませんので、ビジネス利用などで領収書が必要な場合はその旨を伝えてみてください。

なお、メールアドレスへの領収書送付サービスもあり、万が一破棄してしまった場合はアプリの「注文一覧」から再発行も可能となっております。(※メールを印刷した領収書が経費精算で使用できるかは要確認です。)

メールで送付された領収書

降車後、すぐに送られてきました!

キャンセル料はかかる?【体験談あり】

タクシー配車依頼後、キャンセルした場合にキャンセル料は発生するのでしょうか?配車依頼直後に目の前をタクシーが通過したときなどキャンセルするシーンはおおいに考えられます。
結論、キャンセルした状況によりキャンセル料の発生有無は異なります。

▼キャンセル料が発生しないケース

  1. 注文受付後、1分以内でのキャンセル
  2. アプリに表示される予定到着時間より、ドライバーが遅刻した場合のキャンセル

▼キャンセル料が発生するケース

  1. 注文受付後、1分以上経過してからのキャンセル
  2. ドライバーが遅れず乗車地点に到着したあとのキャンセル
  3. ドライバーが遅れず乗車地点に到着し、お客様の乗車地点へ遅れた際のドライバーからのキャンセル

要するに、「お客様側に過失がある場合はキャンセル料とりますよ」ということですね。真面目に注文する方にとってはなんの問題もございません。

先日、青山迎賓館からタクシー配車を注文しましたが、なかなか来ず、目の前を空車タクシーが通過したためDiDiの注文はキャンセルしました。が、ちゃんとキャンセル料は免除されておりました。
キャンセル料が無料になったときのアプリ画面

10回以上DiDiを使った私がおすすめする利用シーン3選【体験談つき】

タクシーのイメージ画像

これまでビジネスやプライベートで10回以上DiDiを利用し完全にDiDiの虜になってしまった私が、おすすめ利用シーンをお伝えしたいと思います!

終電前後でなかなかタクシーが捕まらないときに

都心部だと週末の終電前後はほんっっっとタクシーが捕まりませんよね!?(そのためタクシー乗り場は大行列…)

そんなときちょっとした裏技なのですが、タクシー乗り場から少し離れた場所でDiDiで注文するとタクシー乗り場のお客さまよりDiDiの注文を優先してくれるドライバーがいます!

私はタクシー激戦区である銀座でこの方法を試しましたが、週末の終電後にもかかわらずタクシーを捕まえることができました。DiDiだと事前に行き先がわかる=ドライバーさん的には売上がわかるので移動距離のある注文(=儲かる注文)であればDiDiを優先してくれるのかも!?

2軒目への移動手段に

2軒目は場所を変えて飲み直す、なんてことも結構ありませんか?例えば、1軒目は丸の内、2軒目は銀座へ移動…など。

そんなとき、数名でいる場合はタクシー移動が多いと思いますが、DiDiを使えばお店の前までタクシーを呼ぶことができますし、到着までお店でゆっくり待つことができます!

「お店でゆっくり待つことができる」点がものすごく好評で、会社の先輩や上司がいるシーンでは積極的に活用することをおすすめします!

先日、会社仲間での会食時にDiDiを利用した際、DiDiの便利さに感動した40代の上司から「便利でいいな!やるじゃん!」お褒めの言葉をいただきました。そこそこ年上の方からするとこのようなサービスは珍しいのでしょう。もしかしたらDiDiを使うだけで「デキる後輩」認定されるかも!?

心斎橋から梅田までの移動履歴

大阪出張の際に会社仲間で2軒目に移動した際の履歴です!

家族や恋人の送迎に

DiDiは家族や恋人など自分以外の送迎にも活用することもできます!

先日両親を東京駅まで送るためにDiDiを使用しましたが、注文者である私が乗車しなくても問題なく送迎してもらえました。

意外とよかったのは、DiDiだとアプリから位置情報で走行位置がわかるため無事に目的地へ到着したか確認することできます。田舎者の両親だけタクシーに乗せるのは不安でしたが、DiDiなら安心して乗せることができました。

表参道から東京駅への移動履歴

表参道から東京駅まで両親を送迎したときの履歴です!

今なら1,000円分のクーポンもらえる!使い方は?

今なら1,000円分の無料クーポンをGETすることができます!1,500円分だとか4,000円分といった情報もネット上はありますがすべて誤情報ですのでご注意ください!東京では1,000円分となっております。

クーポンの使い方はかんたん!
アプリの「クーポン」をタップしクーポンコード「JPYUQUT6」と入力し確認をタップするだけです!

クーポンの獲得手順の解説

なお、クーポン適用の条件にやはりアプリ決済がありますので事前にクレジットカード登録を忘れずに実施しておきましょう。また、初めてDiDiを利用する方のみクーポン適用可能です。

最後に

いかがでしたか?

タクシー利用がこれまでとはガラッと変わりとてもスマートな乗車体験が実現できます。ぜひとも、パートナーや会社の同僚の方がいる場で使ってみてください。きっと喜んでもらえるはずです。

この記事がみなさまのお役にたてたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です